結果を作るための時間を作る

情報

お客さま周りをした時、

挨拶のついでに
いろんな情報を集めることができた。
と。
 

お仕事の情報。
新しい案件の情報。

挨拶に行ってよかった!

という話を聞きました。
いい展開です。
 
 

資源

では、

その情報を活かすには、
その情報をもとに、お仕事をいただくには、
 

継続的な訪問をしたり、
すぐに見積もりをしたり。

ということが必要です。
 

その行動をするための資源。
いわゆるヒトモノカネが必要になってきます。

時間と置き換えてもいいはずです。
 

情報と資源、これらがそろって
仕事につながります。

情報を入手できたら、

次は、
使える資源を確認しましょう。
 

忙しいままにしていたら、
せっかくの情報を活かせないまま。

それはあまりにももったいないです。
 
 

時間の見つけ方

ヒトモノカネがなくても、
あなた自身の時間は見つけられます。
 

使える時間がどれだけあるかわからない。

という方には、
「時間の見える化ワークショップ」をおすすめしています。

働き方改革ワークショップ冬期
 

ワークショップでは、

・仕事の洗い出しをします
・時間の使い方を計算します
・実際に仕事をしている時間と比べてみます

その比較の中から、時間の作り方を見つけます。
 

きっかけを提供するワークショップです。
 
 

1月22日水曜日18時30分
イーグレ姫路にて。

お申し込みはこちらからどうぞ。