オリジナルの武士道

こども武士道

 

「こども武士道」

新渡戸稲造さんが書いた英語版の「武士道」を、

矢内原忠雄さんが訳し、

それを参照して齋藤孝さんが書かれた本です。

※と、書かれています

 

さらに、齋藤孝さんを参照して

僕が感じたことをブログに書いています。

 

 

新渡戸さん→矢内原さん→齋藤さん→岩松

 

これだけ間に人が入ると、

新渡戸さんの書いた「武士道」のエッセンスが

どれだけ残っているかわからないです。

 

僕はオリジナルの武士道を読んでませんから、

その判断もつかないです。

 

オリジナルは英語で書かれているし、

ちゃんとエッセンスを読み取れるとも思えません。

 

みんなオリジナル

ですが、おそらく、僕も含めてみんな、

読んだことに自分の経験や体験を乗せて

自分の言葉で書いていると思います。

 

少なくとも僕はそうしているつもりです。

 

だから、

「本家武士道」や「元祖武士道」を名乗っていいのは新渡戸さんだけでしょうが、

 

「矢内原さんの武士道」

「齋藤さんの武士道」

「僕の武士道」

といっていいんじゃないかと思います。

 

僕の

オリジナルのエッセンスをそのままは伝えられない代わりに、

僕なりの武士道を書いています。

 

それでいいんだと思います。

 

「僕のプログラミング」

「僕の経営」

「僕の業務フロー」

 

教えてもらったもの、学んだもの

僕が伝えるときは、全部僕のオリジナルです。