最善の道がある

こども武士道

日本図書センター
齋藤孝さん監修「こども武士道」

からの引用を続けます。

 

何かをなさんとする時は、

それをなすに最善の道があるに違いない。

しかして最善の道は最も経済的であると同時に

最も優美なる道である。

 

シンプルでむだがないベストな方法は、

どんなときでも必ず見つかるよ。

 

前者が武士道の引用で、後者が齋藤さんの表現です。

 

いろいろと刺さる武士道でしたが、この一文には勇気づけられました。

 

優美なる道

 

「どんな問題も必ず解決策は見つかる」

常々思っていたことです。

 

 

そして、

その最善の道は、最も経済的で、最も優美なる道。

 

考えて考えて考え抜いて、

やってみてやってみてやってみたら、

最も経済的で優美なる道が必ず見つかると。

 

シンプルでむだがない道が必ずあると。

 

そういうことを伝えてくれていると解釈しました。

 

 

「最善の道」

それを前提として考えて行かないと、何も見つかりません。

 

こんなことも武士道に書かれていることが意外でしたが、

武士との共通点が見つかったようで、少しうれしくなりました。