カラマーゾフの兄弟第一巻を読みました

読書

読んだ本

光文社古典新訳文庫
「カラマーゾフの兄弟 第一巻」
431ページ。
 

読み始めたのは月曜日の8時。
タイムリミットは火曜日の14時。

全部で30時間。
 

もちろん、
仕事、食事、睡眠などを含めて30時間です。
 
 

火曜日の14時から
カラマーゾフの兄弟についての意見交換をするので、
しっかり読まないといけません。
 

こんな条件で、
頑張って読み切った記録です。
 
 

時間の記録

月曜日8:00
読書開始。

午前中の4時間で、
109ページまで。
 

午後は
お客さま訪問2件、プログラミング教室と続いて進まず。

夜、
22:00から再開して25:00に寝るまで、
228ページまで。
 

火曜日の午前中、7時30分から
出かける時間もあったけど、正午までに
431ページまで読了。
 

というペースで読み切って
14時を無事に迎えることができました。
 
 

一夜漬けの気づき

わかったことがいくつか。
 

  • 直前に読むと内容を覚えている
  • 前回の「読む時間」のときは、
    電車に乗るときに少しずつ読み進めていました。

    これだと内容をお忘れちゃうんですね。
    今回はわりとたくさん覚えていたので、
    その点はプラス。
     

  • 締め切りが近づくと集中力が上がる
  • 月曜日は、のべ7時間で220ページ。
    火曜日は、のべ4時間で210ページ。

    この差。
     

  • 1時間に40から50ページが限界
  • 頑張っても50ページ。
    これ以上は文字を追っても頭に入ってこない。

 

とまあ、
久しぶりに一夜漬けで勉強した気分。
 

いろいろと感じることがあったので、
記録代わりに。

感想文は明日のブログで。
 

二巻はちゃんと読みます。
読もうとします。頑張ります。