「学びを結果に変えるアウトプット大全」を読みました

アウトプット大全

先日、
たまたま本屋さんで目に入った本がありまして。
 


 
樺沢紫苑さんの
「学びを結果に変えるアウトプット大全」

を衝動買い。
 

最近、読みたい本は、
まず図書館で探すことにしてたんですが、

久しぶりに、本を、書店で、
買いました。
 
 

まだ、三分の一を読んだだけですが、
印象深かったのは、

アウトプットの基本法則として書かれていた

「インプットとアウトプットの黄金比は
 3:7」

3のインプットに対して、
7のアウトプットをするのが、効果的に学習できる。

成長できる。
 

という趣旨ですが、

僕的には、
「7のアウトプットをすべき」ととらえました。
 

アウトプットには、
「書く」「話す」「行動する」
などいろいろあるようですが、

3に対して7。
 

これ。
 

インプットの貯金

僕、今までどれだけのインプットをしてきただろう?
と考えると、

10年ぐらい?
 

アウトプットの方は、
5年分ぐらいはできてるかなぁ?
 

10年のインプットだと、
20年はアウトプットできそうだから、

あと15年。
 

しばらくの間は
アウトプットを続けられそうです。

っていうか、
15年って言ったら60歳を過ぎますね。
 

ためにためたインプット。
貯金を吐き出すときですよ。
 

ちょうどいいタイミングで、
ちょうどいい本に出会いました。