畑を耕すフロー

畑仕事

日曜日、畑仕事をしました。

夏野菜用の畝づくり。

きれいにできたので、
ちょっと自慢したいぐらいです。

 

連休中にいろいろ植えて、夏ごろに収穫だと思うのですが、
僕の出番はここまで。

耕運機と力仕事が僕の仕事。
役割分担は明確なんです。

 

野菜作りのフロー

野菜を作るのって、

こんな流れ。

 

畝を作るところ、僕がやったのは

こんな感じ。

 

土を掘り返すのは

 

指示を明確にする

畑づくりを分解すると、
細かい作業がたくさん出てきます。

この分解をやっとくと、
「耕運機を出してきて」
「この範囲を掘り返しておいて」

って頼みやすくなります。

 

日曜日に受けた指示は
「畝を作って」
だったんですよ。

僕は1回しかやったことがなかったのに。

 

ふたを開けてみたら、
石灰や肥料をまいたり、
何回も耕運機で往復したり、

「畝を立てる」以外にいろいろあって、
大変で。

 

しかも
場所の指定もなしと、

ちょっとしんどい思いをしました。

 

仕事を頼むとき、
「何を」「どこまで」

大切ですよ。

仕事を受けるときも。
かな。