こども武士道

こども武士道

日本図書センター
齋藤孝さん監修「こども武士道」

という本を図書館で借りてきたら、

刺さる言葉が満載でした。

 

 

特に、この言葉。

真の武士にとりては、死を急ぎもしくは死に媚びるは

等しく卑怯であった。

 

「あきらめのよさ」に逃げてはいけない。

かんたんに、なげださないことだよ。

 

あきらめのよさ

「あきらめていないか?」

 

「無理だから」「仕方がないから」

それは、逃げているということか。

 

武士道では、逃げることは卑怯なことであると。

 

どうしようもないときに見切りをつけることは大事。

だけどその時に

「自分は逃げていない?」って問いかけることが大切。

と、齋藤さんの解説がありました。

 

「あきらめのよさ」に逃げない

見切りとあきらめの違い。

あきらめは逃げること。

 

逃げることは卑怯なこと。

 

何に対して卑怯か?

 

みたいにね。

今の自分を振り返ることになりました。

 

「あきらめのよさ」に逃げない。

 

今週はこの言葉を忘れないようにやっていきます。