初級課題「おみくじ」を追加しました

おまけの課題を追加しました

「紙とえんぴつでプログラミング」に
新しい初級課題「おみくじ」を追加しました。

アルゴリズム講座風景

おみくじは
一本道でフローチャートが書くことができる
とてもシンプルなプログラムです。


今回の動画では、これまでの課題同様に
・動きをフローチャートにする
・コンピューターが実行できるフローチャートにする
・データ構造を考える
というステップのあとに


『フローチャートを日本語でコーディングする』
ひと手間を加えてみましょう。


■日本語で動きを考える■

おみくじのプログラミングでは
複数個の値を格納しておくための変数「リスト」を使用します。


リストの各要素には「0始まり」で1,2・・・と番号が割り振られ
作成したリストに対して番号を指定することで要素を取得することができます。


では0に割り当てられた、おみくじは何でしょうか?
1に割り当てられた、おみくじは何でしょうか?


『リストの動き』を日本語を使用して、じっくり考えてみましょう。


日本語でプログラムを書くという試みで
フローチャートとコーディングの間の難しさを埋めることができたらと思います。
ぜひ動画をご覧ください。


みなさんのフローチャート楽しみにしています。
出来る限りフィードバックしていきます、ぜひ挑戦してください。

第3金曜アルゴリズム講座

Udemy受講生を対象としたアルゴリズム無料講座を実施しています。
・購入したけど一人だと、ついつい積読になってしまっている
・途中分からないことがあった時、質問したい
・別の課題にも挑戦したいそんな方は、ぜひご連絡ください!お待ちしています。
https://grandcircle.co.jp/beginner-1h